header
会長

第24回日本ワクチン学会学術集会

会長 吉川 哲史
藤田医科大学 医学部 小児科学

2020年12月19日~20日の二日間にわたり、第24回日本ワクチン学会学術集会を名古屋で開催させていただくことになりました。会場の都合でクリスマス間近となってしまいましたが、思い起こせば1997年に大谷 明 先生が東京ヤクルトホールで開催された第1回の学術集会も12月で、非常に寒い中、日本で初めてのワクチン学の学会に参加し、熱い議論に触れた記憶があります。今回の学会も、それに負けないような熱い学会にしたいと思いますので、ぜひ多くの皆様方に最新の研究成果を持って名古屋にお越しいただければと思います。

さて、今回の学会のテーマを「ワクチンで創る持続可能な未来の医療」にさせていただきました。我が国を含む先進国では、いずれも少子高齢化が急速に進み、特に我が国はG7諸国の中でも飛びぬけて高齢者の割合が高いことが知られています。それに伴い急速に膨らむ医療費をどうやって削減するか、いずれの国においても喫緊の最重要課題として挙げられています。2000年の国家予算を基準としてみると、2016年の我が国の防衛関係予算はほぼ横ばい、教育・科学予算は82%に低下しているのに対し、医療費を含む社会保障にかかる予算は190%とほぼ倍増しています。そのような状況を鑑みて、国は2035年までの達成を目指して3つのビジョンとアクションプランを提示しています。一つ目のビジョンが保健医療の価値を高めること、二つ目が主体的選択を社会で支えること、三つ目は日本が世界の保健医療を牽引することとなっており、その中の二つ目のビジョンを達成するためのアクションプランとして、ワクチンの積極的推進による予防医療の充実で医療費削減を目指すと謳われています。

将来を担う子どもたちの未来を明るいものにするためには、来るべき本格的な少子高齢化社会を皆が健やかに継続的に暮らしてゆけるようにせねばなりません。そのためには“ワクチン”というツールを有効利用し、積極的な予防医療施策をとることで医療費抑制に努める必要があります。本学会では、そのような観点から人類の未来を支えるためのワクチン学の発展を目指して、皆で集まり議論を深めたいと思っています。

事務局藤田医科大学 医学部 小児科学 〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98事務局長河村 吉紀
運営事務局株式会社 オフィス・テイクワン 〒451-0075 名古屋市西区康生通2-26 TEL : 052-508-8510 FAX : 052-508-8540 E-mail : jsvac24@cs-oto.com