会長挨拶
会長

第52回日本小児感染症学会 総会・学術集会

会 長 川村 尚久

(独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院小児科・感染制御)

この度、2020年11月7日(土)・8日(日)の2日間に亘り、グランフロント大阪・ナレッジキャピタル・コングレコンベンションセンター&イベントラボを会場として、第52回日本小児感染症学会総会・学術集会を開催させていただくこととなりました。医育機関でない一般病院の私に、このような機会を頂けました事を大変光栄に存じております。2020年大阪での日本小児感染症学会の開催は、日本小児ウイルス研究会と日本小児感染免疫研究会が統合された1987年の第19回(牧淳会長・大國英和副会長)以来の33年ぶりであり、大阪医科大学小児科学教室としては、1972年の第4回日本小児感染免疫研究会(西村忠史先生)から48年ぶりとなり、かつて感染症診療・研究の中心であった大阪で33年ぶりに開催する事の責任の重大さを強く感じております。

2019年百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されました。本総会ではその前方後円墳を鍵穴に見立て「感染症の問題点を解く鍵」、大阪城を「子どもたちを守る砦」という、小児感染症および感染免疫の知識と治療を再確認する機会にしたいと思いこのテーマにいたしました。

会場はJR大阪駅の北側に隣接しており、アクセスは大変便利です。大会のプログラム委員には、大阪の5つの大学の小児科や阪神間の基幹病院の先生、日々大阪の子どもたちの感染症診療をされている先生を中心に“チームほぼ大阪“として、斬新な企画や有益な講演を準備しています。日本小児感染症学会が法人化されて最初の総会・学会でもあり、色々な意味でそれにふさわしい変革が求められている大会かもしれません。

大阪は食と笑いの庶民の街ですが、2020年東京オリンピック・パラリンピック後の、2025年には万博開催も決まり、国際的な新しい街として新たな開発が進められています。学会場での全国の小児感染症の仲間と親交を深める場としてご利用いただける時間と空間を設けようと考えております。是非ともみなさんご参加下さい。

触れるもの、 見るもの、 味わうもの、 感じるもの
現在あるもの、 過ぎ去ったもの、 未来にあるもの、
すべてを   2020年11月 大阪で

学会名:第52回日本小児感染症学会 総会・学術集会
The 52nd Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Infectious Diseases
会 期:2020年11月7日(土)・8日(日)
事務局 大阪労災病院 小児科 〒591-8025 大阪府堺市北区長曾根町1179-3
運営事務局 株式会社 オフィス・テイクワン 〒451-0075 名古屋市西区康生通2-26 TEL : 052-508-8510 FAX : 052-508-8540 E-mail : jspid52@cs-oto.com