代表世話人ご挨拶

第15回Summer Forum for Practical Spinal Surgery
代表世話人 伊藤 康信
(南東北ヘルスケアグループ 医療法人財団健貢会
総合東京病院 院長代行・脊椎脊髄センター長)

ご 挨 拶

この度、第15回Summer Forum for Practical Spinal Surgeryを2022年8月27日(土)東京コンファレンスセンター・品川で開催させていただきます。

本会の第1回目は2008年に水野順一 先生(新百合ヶ丘総合病院低侵襲脊髄手術センター 上級顧問、本会顧問)が代表世話人として名古屋アソシアホテルで開催されました。途中2011年は東日本大震災、2020年は新型コロナウイルスの影響で中止となりました。2021年はコロナ禍の中、新潟市で現地開催とWEB配信のハイブリッド開催で成功裏に終了しています。年々発表演題数も増え、活発な議論が行われています。このような伝統ある会を主催させていただき大変光栄に存じます。

本会は、第一線でご活躍の脳神経外科および整形外科の脊椎脊髄外科専門医の集談会です。晩夏の一日を諸先生が経験された知見を持ち寄り、情報を共有し、議論を交わすことで、明日からの診療に役立てようとするのが趣旨です。今回のテーマは“Toward Standard and Further Innovative Spine Surgery”とさせていただきました。

プログラムは会員の皆様からお寄せいただく貴重な演題を中心に、特別講演はstandard spine surgeryに関する1セッションとinnovative spine surgeryとして2 セッションを企画しました。また、SFPSS事務局セミナーは谷諭 先生(新百合ヶ丘総合病院低侵襲脊髄手術センター 顧問)に「Swiftの開発と臨床」(仮題)と題して開発秘話をご発表いただきます。

日頃我々はstandard spine surgeryを最低限目指していると思います。しかし、スタンダードとされる脊椎脊髄外科手術は常に進化し、ブラッシュアップとアップデートが求められます。今回、3つの代表的な脊椎脊髄外科手術を取り上げ、3人の本会世話人に各自のstandard spine surgeryをご呈示いただきます。日常の診療に役立つ内容と確信しています。

Standard Spine Surgery(特別講演1)

1) 「頸椎前方除圧固定術」平野仁崇 先生(総合南東北病院脳神経外科・脊髄外科科長)
2) 「脊髄硬膜内髄外腫瘍摘出術」尾原裕康 先生(順天堂大学脳神経外科准教授)
3) 「低侵襲的顕微鏡下XLIF」伊藤康信(総合東京病院)

Innovative spine surgeryとして本会の趣旨にご賛同頂いた経験豊富なお二人の先生にご講演をお願い致しました。今から拝聴するのが楽しみです。

Innovative Spine Surgery

1) 「側彎症に対する外科的治療の現状と展望(仮題)」松本守雄 先生(慶應義塾大学整形外科教授、慶應大学病院院長)(ランチョンセミナー)

2) 「首下がり症候群に対する外科的治療(仮題)」豊根利明 先生(昭和大学病院整形外科教授)(特別講演2)

現在、来年の開催状況は予断を許しませんが、基本的には現地開催を目指しております。会場は東京コンファレンスセンター・品川で、JR品川駅東口から徒歩2分のところにあり、新幹線および羽田空港からのアクセスも良好です。感染状況に応じた会場設営と必要な感染対策を行って安全に開催できるように鋭意準備を進めてまいります。

本会で多くの先生と再会し、白熱した議論ができ、有意義な夏の1日を過ごせるように期待しております。多くの皆様のご参会を心よりお待ちしております。末尾になりましたが、皆様の益々のご健勝と貴医院の更なるご繁栄を祈念申し上げます。

SPONSORED by

株式会社アムテック 旭化成 Summer Forum for Practical Spinal Surgery事務局

新百合ヶ丘総合病院
低侵襲脊髄手術センター
担当:木村 孝興、河村 ゆかり

〒215-0026
神奈川県川崎市麻生区古沢都古255
TEL:044-322-9991
FAX:044-322-0529

Summer Forum for Practical Spinal Surgery運営事務局

株式会社 オフィス・テイクワン
担当:加藤

〒451-0075
名古屋市西区康生通2-26
TEL:052-508-8510
FAX:052-508-8540

E-mail:sfpss@cs-oto.com

TOP
プライバシーポリシー