代表世話人ご挨拶

Summer Forum for Practical Spinal Surgery(SFPSS)ご挨拶

この度、第14回Summer Forum for Practical Spinal Surgery 2021を8月28日(土)に新潟市で開催させていただきますことを、大変光栄に存じます。

本会は、手術手技や合併症など実践的な分野に特化し、先生方がそれぞれに経験された貴重な知識や経験を、皆様と共有し検討することで、明日からの診療に役立つ臨床家としてのレベルアップや新しいイノベーションの創出を促す会です。そこで今回のテーマは「先駆者に学ぶ未来を創る」とさせていただきました。

ランチョンセミナーは、済生会川口総合病院の榊経平先生に「脊椎手術における術中モニタリング」についてご講演いただきます。最近の脊椎手術では不可欠といえる術中モニタリングを、大学院から研究されてきた先生から、実践的なお話をいただきます。また、O-armナビゲーションの応用法や最新のマイクロリンクなど術中の安全対策について包括的にご講演いただきます。特別講演は、千葉大学整形外科の古矢丈雄先生に「頚椎変性疾患に対する手術治療」を中心に、難治例対応やトラブルシューティングも含めご講演いただきます。頚椎分野のトップランナーである先生の講演は、私から特に無理を言ってお願いしたもので楽しみにしております。もう一つの特別講演は、新潟大学脊椎班チーフである渡辺慶先生から「骨粗鬆症性椎体骨折に対する脊柱再建術:新規骨形成促進薬の役割も含めて」と題して講演いただきます。近年、骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療は多くのバリエーションがあり、先生方も頭を悩ませているものと思います。渡辺先生の講演は、明日からの診療の助けになるもの確信しております。会場

現在、収束の気配のない新型コロナウィルス感染症の現状を鑑み、本会は新潟日報メディアシップ日報ホールでの現地開催とWeb配信のハイブリッド開催とさせていただきます。本会場は200名収容可能なホールであり、必要な感染対策と、感染状況に応じた座席配置を行い安全に開催できるように準備を行っております。

前日金曜日には恒例の世話人会を行います。土曜日の本会にWeb参加予定の先生や、世話人会に間に合わない先生もいらっしゃると思いますので、今回はホテル宴会場を現地会場とし、世話人会もWEB配信いたします。世話人会の中で、各先生方の近況や、一部の先生には簡単な挨拶をお願いしたいと思います。世話人会の詳細は追ってご連絡いたします。

遠隔会議やWEB学会を経験するにつれ、意外にも多くの部分がネットへ置き換えることが可能であることが分かりました。移動時間や金銭的なことを考えると十分に効率的といえます。しかし、少なくとも学会活動に関しては、何か物足りなさを感じていると思います。活発な意見交換や、人と人との出会いから生まれる五感を通じての交流が不十分であるためと思います。

本会では、多くの先生方と再開し、白熱したご討議ができることを期待しております。是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。また本会ではWEB発表のメリットを生かし、遠方や感染状況で現地参加が困難な先生方においても、多数のご参会を心よりお待ちしております。

ページトップへ戻る ↑

SPONSORED by

株式会社アムテック HOYA 株式会社日本エム・ディ・エム 旭化成
Summer Forum for Practical Spinal Surgery事務局
新百合ヶ丘総合病院
低侵襲脊髄手術センター
担当:木村 孝興、河村 ゆかり
〒215-0026
神奈川県川崎市麻生区古沢都古255
TEL:044-322-9991
FAX:044-322-0529
E-mail:sfpss@minamitohoku.jp
Summer Forum for Practical Spinal Surgery運営事務局

株式会社 オフィス・テイクワン
担当:加藤

〒451-0075
名古屋市西区康生通2-26
TEL:052-508-8510
FAX:052-508-8540
E-mail:sfpss@cs-oto.com
プライバシーポリシー プライバシーポリシー