Summer Forum for Practical Spinal Surgery

代表世話人ご挨拶

Summer Forum for Practical Spinal Surgery(SFPSS)ご挨拶

2018年度の代表世話人の新百合ヶ丘総合病院 尾原 裕康です。
本来は池田病院の浅見先生が会長をされる予定でしたが、体調を崩され代打をつとめさせていただくことになりました。浅見先生には年次を改めてお願いする予定です。
Summer Forum for Practical Spinal surgeryは手術手技や合併症について議論をする研究会として回を重ねてきました。各先生が臨床で難渋された症例、困難だった症例、会心の結果を得た症例の話を伺い、自分の経験のみでは得られない多くの情報を共有することで参加された先生方の日常臨床の糧になる研究会に成長したと思います。「愚者は経験に学び、賢者は歴史から学ぶ」という格言があります。ドイツの名宰相オットー・ビスマルクの言葉ですが、実際には「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるために、他人の経験から学ぶのを好む。」とおっしゃったのが上記の格言として語り継がれているとのことです。これまでの先人の苦労の末にたどり着いた教科書的な歴史のみではなく、今現在も着実に積み重ねられている臨床現場での歴史を少しでも吸収することで回避できる危険もあれば、引き出しが多くなることで乗り越えられる困難があると思います。本会も例年同様の多数の参加と熱いdiscussionをお願いいたします。

SFPSS代表世話人
新百合ケ丘総合病院 脊椎脊髄末梢神経外科
尾原 裕康

私こと2018年正月元旦に長崎県大村市国立医療センターにて急性膿胸の診断の下手術を受けて加療中です。
そのため今年のSummer Forum for Practical Spinal Surgery 2018 の準備が 思うようにできず、開催は休止させていただくことになりました。 参加を予定されていた先生方、ご協力いただく予定の業者の方々、 関係各位の皆様には大変ご迷惑をかけます。
よろしくお願いいたします。

三和会 池田病院 脊椎脊髄外科
浅見 尚規

SPONSORED by

株式会社アムテック HOYA 日本イーライリリー 株式会社日本エム・ディ・エム Summer Forum for Practical Spinal Surgery事務局

南東北グループ
医療法人社団 三成会
新百合ヶ丘総合病院

〒215-0026
神奈川県川崎市麻生区古沢都古255
TEL:044-322-9991

Summer Forum for Practical Spinal Surgery運営事務局
株式会社 オフィス・テイクワン

〒451-0075 名古屋市西区康生通2-26
TEL:052-508-8510
FAX:052-508-8540

E-mail:sfpss@cs-oto.com
プライバシーポリシー プライバシーポリシー