ご挨拶

今回、東京慈恵会医科大学脳神経外科教室で第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会を執り行うことになりました。現在、鋭意準備をしております。

今回の学術集会の主題を「文化の成熟を示すスポーツ医学 -2020年に向けて-」とさせていただきました。ちょっと分かり難い主題ではありますが、意図するところは以下の通りです。自分が小学生の頃催された1964年の東京オリンピックでは、戦後の復興著しい日本を世界に示せることが目的の一つであったと思います。当時、スポーツ医学は黎明期であり、スポーツ現場では、「死んでもいいから頑張れ」的な根性論がまかり通っていた時代でもあります。メダルはたくさん取ったかもしれませんが、今日からみると前時代的なメディカルサポートしかなかったものかと思います。

昨今、2020年に向けてスポーツ医学会も盛り上がりを見せておりますが、その盛り上がりのベクトルは過去と同様なものであってはならないと思っております。この期に科学的に裏付けされた医科学がサポートするオリンピック、パラリンピックを催すことができれば、もはや発展途上ではない日本の成熟した文化というものを世界に示せると思い主題を決めた次第です。

今回の学術集会で皆さんの英知を集め、同じ目標に向かえるようになれればと願っております。

会場がある代々木は僕自身、幼少期およびこの25年以上住んでいるところであります。会場の国立オリンピック記念青少年総合センターは、終戦後にアメリカ軍の駐留地でありワシントンハイツと呼ばれていた地域であり、子供の頃に塀越しに外国の世界を垣間見た記憶がわずかに残っています。その後、ここは1964年東京オリンピックの際に選手村になりました。そして、その跡地が利用され、代々木公園と国立オリンピック記念青少年総合センターが出来たわけで、まさに東京オリンピックゆかりの地でもあるわけです。

神宮の森に接し緑豊かで広大な敷地を有し、宿泊施設(割安)もセンター内に多く設けられており、また、新宿、代々木、原宿、渋谷に近く、皆さんにとってとても便利だけれども、ちょっと雰囲気の違う東京を楽しめるのではないかと思っています。

学会会員ならびに学会会員以外のスポーツ医学に興味をお持ちの一般の方々など、多くのご参加をお待ちしております。

第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会

会長 谷 諭

(東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座)
事 務 局  東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座 〒105-8461 東京都港区西新橋3-19-18        
事務局長 大橋 洋輝
運営事務局  株式会社 オフィス・テイクワン 〒451-0075 名古屋市西区康生通2-26 TEL : 052-508-8510/FAX : 052-508-8540
  E-mail : 28rinspo@cs-oto.com